クレジットヒストリー(クレヒス) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

クレジットヒストリー(クレヒス)

投稿日:2020年5月20日 更新日:

クレジットヒストリー(クレヒス)はクレジットカードの利用履歴です。

クレジットカードで行った決済は過去の利用履歴として記録に残っています。

クレジットカードのデータはデジタル処理されているため記録が残しやすいです。
また、クレジットカード会社のデータ(取引履歴や支払い状況)は信用情報を取扱う機関へと共有され蓄積されていきます。

そしてこのクレジットカードの利用状況からクジットスコアが決定され、各種ローンの審査などの評価基準となります。

国内のクレジット会社からの個人情報は主に「株式会社シー・アイ・シー(CIC)」「日本信用情報機構(JICC)」「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」の三社で取扱をしています。

これらの信用情報を取扱う会社は情報を共有する仕組みが整備されているため、いずれかの機関で問題を起こした場合には然るべき処理がされています。

具体例

クレジットカード会社から集められるデータは

  • 本人識別情報
  • 契約内容情報
  • 支払状況情報
  • 割賦販売情報(分割払いに関する支払い情報など)
  • 貸金支払情報(借金に関する支払いの情報など)

があり、これらの情報が信用情報を取扱う会社に集められます。

CICでは返済状況に「異動」の記載がある場合、厳重注意(ブラックリスト入り)されている可能性があります。
ブラックリストに入る基準として3ヶ月(61日)以上の支払いを滞納があります。
一度ブラックリストに入ると滞納の履歴が残りますが、履歴は支払い満了や返済完了から5年間とされ「保有期限」の項目に履歴の抹消日が記載されています。

このような信用情報は開示請求する事で確認する事ができ

  • 信用情報開示報告書
  • クレジット情報
  • 申込情報
  • 利用記憶

等の情報を確認する事ができます。

まとめ

信用情報を取扱う会社とは別にクレジットカードの発行元の会社にも蓄積されるデータがあります。

クレジットカードの発行日をはじめとする細かいデータなどは信用情報を取扱う組織からなくなっても、発行元で管理されている可能性があります。

このように管理されたデータはクレジットカードの評価へとつながります。

基本的に信用が上がるような行動(期日を守るなどの基本的な要素)が多い方のほうが評価は高くなります。

例えば支払いを滞りなく行えている人は評価が高くなりますし、反対に支払い期日を過ぎる事が多いと評価が下がります。

このように蓄積されたデータから、クレジットカード会社で決められた読字の評価が一定以上になった方へインビテーションが送られる事があります。

インビテーションを受ける事でクレジットカード会社から優待を受けられる可能性もあります。



アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

生き金(いきがね)、死に金(しにがね)

生き金、死に金の定義は 生き金 使ったら戻ってくる死に金 使っても戻ってこない戻ってくると言っても、現金で戻ってくるとは限りません。そもそも、お金は引換券です。なにかと交換するのが本来の使い方です。生 …

原価

原価はその製品を作成する際にかかる費用です。原価を正確に把握するためには原価の計算を行う必要があります。原価計算には材料費、労務費、経費などを計算する事で原価がわかります。通常は原価に利益を載せて販売 …

内在価値

内在価値は時価に左右されない本質的な価値です。主に投資の際に用いられる用語で、株式投資などで用いられる事が多いです。株式では株の需要と供給のバランスが一致する価格がその企業の株価となるため常に変動しま …

安全余裕率(経営安全率)

安全余裕率は売上に対して利益が占める割合です。売上高と損益分岐点との差を示す指標です。そのため、安全余裕率が高ければ損失への耐性が高くなります。つまり、経営の安全度を示す指標の一つとして考える事もでき …

就業規則

就業規則は会社が労働基準法に基づいて作成される会社のルールです。会社の規模が大きくなるにつれて従業員も増加します。しかし、従業員がそれぞれ自分のルールで行動していては秩序が保てません。そのため会社では …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ