クオリア | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

雑学

クオリア

投稿日:

クオリアは感覚意識やそれにともなう経験のことです。

クオリアはなんらかの脳活動によって生み出されていますが、具体的なメカニズムはわかっていません。
また、脳の活動でクオリアを生み出す場合と生み出さない場合の差もわかっていません。

哲学者は長くクオリアについて論じてきましたが、クオリアという概念に意味があるか意見がわかれています。

クオリアには狭義での意味や、広義での意味があるため、両者の意思疎通がしっかりとできているのかが重要になります。

クオリアの意味

狭義での意味のクオリア

短期的な意識経験のうちの一つの感覚的側面を示します。
具体的には、青信号から赤信号へ変わる過程を見ている人は、途中で表示される明滅の黄信号を見ているという事象に関しての同じクオリアを経験していえうというように、狭い視点での判断を行います。

このように狭義でのクオリアについては、限られた事象に収める事で研究ができるため、脳科学的に研究が進んでいます。

広義での意味のクオリア

狭義でのクオリアよりも範囲を広くするため、経験するすべての感覚や非感覚的経験を含むものとなります。
一瞬の経験や過去の事象は再現することができず、科学的な研究はとても難しいため、哲学的分野での論点として着目されるにとどまっています。

様々なクオリア

  • 視覚体験
  • 聴覚体験
  • 触覚体験
  • 嗅覚体験
  • 味覚体験

上記の様に感覚による体験は人間の感じる事の出来る全ての要素に影響されると考えられています。
そのため、同じ状況でもその感じ方に大きな影響を与えます。
視覚からの影響を強く受ける方や、聴覚の影響を強く受ける方など、どの影響をどの程度受けるのかも異なります。

具体例

クオリアによる違いは価値観や感じ方の違いとして現れます。
経験した事のない感覚は相手へ伝えようとしても難しいです。

私たちの見ている色もその一つです。
有名な思考実験にメアリーの部屋があります。

白と黒しかない部屋で生まれたメアリーがその部屋から一歩も外にでずに色を経験しないで育ちます。
メアリーは白黒の本を読んで様々な知識を身に着けていきますが、色を経験する事はありません。
そのため知識としての色に関する情報は十分に与えられます。
この部屋から出たメアリーは色を経験する事で新たに学ぶことがあるのかという実験です。

外に出る事でメアリーに新しい学びがあるとしたら、それは経験する事で得られるクオリアが影響しています。

まとめ

同じ事象を経験してもその過程で経験した事によって感じ方が異なります。
しかし、まったく同じ状況でその事象を経験する事は不可能に近いです。
隣で見る景色でもそれは異なった景色となるため、同じ事象は経験できません。
この些細な差でも積み重なったり、時間経過によりバタフライ効果の様に差が広がります。

また、クオリアを深く研究する事は人間を深く研究する事でもあるため、未知の要素が多いです。
そのため、様々な視点から多角的に分析されています。
中にはクオリアの存在を否定する考えもあります。

関連記事

 バタフライ効果(バタフライエフェクト)

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

ノブレス・オブリージュ

ノブレス・オブリージュ(noblesse oblige)は力には責任が伴うという考えです。ノブレス・オブリージュで言われる力とは物理的な力に限らず、資産や権力などの見えない力も含みます。財産や権力・社 …

センターピン理論

センターピン理論は影響力の大きいものに狙い効率よく成果をだす理論です。物事の要点を見極める事で効率的に大きな効果や成果が得られのが特徴で、ボーリングのセンターピンをたとえて提唱されているものです。ボー …

国民の階層分類(A層・B層・C層・D層)

国民の思想を分類したものです。思想で分類しているため、貧富の差は関係ありません。国民にはB層が多いとされています。そのため、B層に的を絞った選挙や、販売促進活動を行う事で成功しやすいとされています。小 …

サウンドバイト

サウンドバイトは強い印象を与える言葉です。人の心を引き付けるような言葉を短時間で伝えるために重要です。CMのように他者へ伝えるために抜粋された短い発言を指します。人の心を引き付けるのがうまい人はこのサ …

水平思考(ラテラルシンキング)

水平思考はラテラルシンキングともいわれ、既成概念や固定観念のような前提条件に支配されない自由な発想です。物事を多面的に捉え、多くの視点から見て発想を広げ、新たな要素を取り入れたり、既存の要素を取り除く …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ