カニバケツ効果(カニバケツ現象) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

カニバケツ効果(カニバケツ現象)

投稿日:2019年12月8日 更新日:

カニバケツ効果はカニバケツ現象や、蟹バケツなどと言われます。
カニバケツの意味は足を引っ張りあう心理を指します。

これは実際にカニをバケツの中に入れるとみられる現象が由来とされています。

バケツにカニを一匹だけいれ蓋をしない場合は脱走してしまいます。
しかし、二匹以上いると足を引っ張りあい、蓋がなくても脱走できません。
このことから人間関係でも足を引っ張る方が多い環境や人物の例えで使われます。

注意点

会社や学校などで、グループのようなものがある方も多いと思います。
その中で、人の成果を嫌う方がいるケースも珍しくありません。
類は友を呼ぶというように、グループが足を引っ張る方が多数いるような構成ならば要注意です。

足を引っ張る方は周りの評価を下げることによって自分の評価を相対的に上げたい方です。
自分自身が成長しようという発想ではありません。
そのため、相手をすると無駄にエネルギーを消費するので、相手にしない選択が大切です。
また、協力しない方に対して、損をしてでも足を引っ張る方もいます。
このように協力しない事への反発が大きい事を理解している方は、反発されるならば最初から協力した方がいいと考えるケースも珍しくありません。

備考

カニバケツ効果と囚人のジレンマが似ています、違いは下記の通りです。
カニバケツ効果は人の利益を阻害します。
囚人のジレンマは自分の利益を優先します。

関連記事

 囚人のジレンマ(社会的ジレンマ)

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

新奇恐怖症(ネオフォビア)

新奇恐怖はネオフォビア(neophobia)ともいわれ知らないものへの恐怖です。ネオフォビアの心理が働くのは生存本能による影響が強く。不確定な要素を減らす事で、生存確率を伸ばそうとする本能があります。 …

学習無力感

学習無力感は、無力である事を学習してしまう心理です。理不尽な事が起こる場合、通常はそれを回避しようと行動します。しかし、回避する事が困難な状態が続くと、抵抗しても結果が変わらない事を学習するため、回避 …

教師期待効果(ピグマリオン効果/ローゼンタール効果)

教師期待効果は心理行動の一つで、教育者が学習者に対して期待をする事で、成績の向上に影響を与える効果です。教師に期待されることでその期待に応じた働きを見せる心理行動です。教師期待効果、ピブマリオン効果、 …

自己親密行動

自己親密行動は気持ちを落ち着かせるためにとる行動です。自己親密行動は不安や緊張、悩みを抱えている場合に現れる無意識の行動です。話している最中にこのような行動が不自然に現れたらそれはなにかしらの(会話の …

パブロフの犬

パブロフの犬は、条件反射の実験例です。犬に限ったことではなく、人にも同様の現象がおき、数多くの条件反射があります。広義には癖や習慣、トラウマなどもこの条件反射の一つといえます。そしてこれらは人生に大き …

Google AdSense



ジャンル

ジャンル一覧
ホーム
心理学
健康
雑学
ブログ関連
お金

アマゾン


外部リンク