カクテルパーティー効果(カクテルパーティー現象/音の選択的聴取) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

雑学

カクテルパーティー効果(カクテルパーティー現象/音の選択的聴取)

投稿日:

カクテルパーティー効果は影響の大きい音声を集中して認識する現象です。

カクテルパーティー効果は様々な会話が飛び交う中で興味や関心が強い話題は自然と耳に入ってくる現象です。

これは周囲から聞こえる音を処理して必要な情報の発信源だけに集中して意識を向ける事ができるためと考えられています。

しかし、多くの場合に興味や関心がある内容の話題は関わりのある人の発言である事が多いです。
そのため声を聞き分けているとする意見や口癖や内容を予想しているとする意見や、視認できる場合は口の動きから内容を予測しているなど否定的な意見もあります。

この場合は実際の発言と異なった内容だと認識してしまう可能性があるため気を付けなくてはいけません。

具体例

イベントなどでは周囲の雑音が多くなりがちです。
しかし、友人と話しながら会場を回っても自然と友人の声は耳に入ってきます。
また、自分が気になる発言(イベントの情報など)も耳に入ってきやすいです。
これがカクテルパーティー効果で自分に必要な情報が優先して認識されます。

しかし、周囲の雑音を全て認識できるわけではありません。
意識してない重要な情報がまぎれている可能性もあるため注意が必要です。

まとめ

カクテルパーティー効果は周囲にあふれる情報から重要だと思う情報を優先して認識します。
これはカラーパス効果(意識している事への認識が強くなる心理)の一種だと思われます。
その反面、意識を向けていない情報に対しての認識が甘くなってしまいます。

近年はスマートフォンや携帯ゲーム機に意識を向けすぎ、周囲の音を認識できない方が事故にあう事が増加しています。
そのため、意識を向ける対象を考える事も重要です。

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

メアリーの部屋(スーパー科学者メアリー/一人ぼっちのメアリー)

メアリーの部屋は色を知らない科学者が色を目にする事でどの様に変化するのかを考える思考実験です。物理学的な知識を全てと考える場合は色についての知識が全てある状態で見る色から学ぶ事はありません。しかし、色 …

シュレディンガーの猫

シュレディンガーの猫は事象を確認するまでは予想に過ぎず、確認する事で事象は確定するという理論の例です。シュレディンガーの猫は量子力学における思考実験です。この思考実験のポイントは猫の生死が確認されるま …

パレート最適(パレート効率性)

パレート最適はパレート効率性とも呼ばれ、個の犠牲がなければ他が満足する事がない状態です。つまり、全体で見た時にそれ以上の最適は存在しない状態です。 具体例 AさんBさんの二人で一枚のビスケットを分ける …

コペルニクス的転回(コペ転/パラダイムシフト)

コペルニクス的転回は価値観や考え方が全く異なったものになる事です。コペルニクス的転回はコペ転と略され、パラダイムシフトと同じ意味で用いられ、根本が覆る事、考え方や発想が全く異なった事の例えで用いられる …

機能不全家族

機能不全家族は一般家庭における家族の役割が正常に機能してない家族です。家庭内に不法行為などがある家庭や、家庭崩壊を起こしている家庭が機能不全家族とされています。特に子供が下記の扱いを受ける事で精神的な …

Google AdSense



ジャンル

ジャンル一覧
ホーム
心理学
健康
雑学
ブログ関連
お金

アマゾン


外部リンク