カクテルパーティー効果(カクテルパーティー現象/音の選択的聴取) | あむぶろ 学校では教えてくれない大切なこと

雑学

カクテルパーティー効果(カクテルパーティー現象/音の選択的聴取)

投稿日:2020年5月18日 更新日:

カクテルパーティー効果は影響の大きい音声を集中して認識する現象です。

カクテルパーティー効果は様々な会話が飛び交う中で興味や関心が強い話題は自然と耳に入ってくる現象で選択的注意の中でも音に集中している状態す。

これは周囲から聞こえる音を処理して必要な情報の発信源だけに集中して意識を向ける事ができるためと考えられています。

しかし、多くの場合に興味や関心がある内容の話題は関わりのある人の発言である事が多いです。
そのため声を聞き分けているとする意見や口癖や内容を予想しているとする意見や、視認できる場合は口の動きから内容を予測しているなど否定的な意見もあります。

この場合は実際の発言と異なった内容だと認識してしまう可能性があるため気を付けなくてはいけません。

具体例

イベントなどでは周囲の雑音が多くなりがちです。
しかし、友人と話しながら会場を回っても自然と友人の声は耳に入ってきます。
また、自分が気になる発言(イベントの情報など)も耳に入ってきやすいです。
これがカクテルパーティー効果で自分に必要な情報が優先して認識されます。

しかし、周囲の雑音を全て認識できるわけではありません。
意識してない重要な情報がまぎれている可能性もあるため注意が必要です。

まとめ

カクテルパーティー効果は周囲にあふれる情報から重要だと思う情報を優先して認識します。
これはカラーパス効果(意識している事への認識が強くなる心理)の一種だと思われます。
その反面、意識を向けていない情報に対しての認識が甘くなってしまいます。

近年はスマートフォンや携帯ゲーム機に意識を向けすぎ、周囲の音を認識できない方が事故にあう事が増加しています。
そのため、意識を向ける対象を考える事も重要です。

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

人工知能(AI)

人工知能は計算によって知能(思考)を再現する技術です。人工知能は人間の脳を模して造られたもの全般を指し、その模倣の大小は問わないため、一部でも模倣していればそれはAIとして認識されています。そのため、 …

フェルミのパラドックス

フェルミのパラドックスは地球外の知的生命体が存在している可能性の高さに対して、人類が未だに認識できていない矛盾の事です。この矛盾点を解決しようと様々な推論がされていますが、未だに解明はされていません。 …

パレート最適(パレート効率性)

パレート最適はパレート効率性とも呼ばれ、個の犠牲がなければ他が満足する事がない状態です。つまり、全体で見た時にそれ以上の最適は存在しない状態です。 具体例 AさんBさんの二人で一枚のビスケットを分ける …

臨界期仮設

臨界期仮説は一定の年齢までに学習を行わない場合、能力を取得するための難易度が上がるという仮説です。臨界期仮設では言語取得の際の年齢が重要な要素となっている事が特に注目され定説とされているため、日本語教 …

ゼネラリスト(ジェネラリスト)

ゼネラリストとは 概要 ゼネラリストは幅広い知識・経験・技術など持ち組織をまとめられる人です。語源であるゼネラル(general)はジェネラルとも発音され「将軍や司令官、全体的な」などを意味する言葉で …

Google AdSense



管理人


あむぶろ
管理人情報


名前:

鈴木 歩(すずき あゆむ)

自己紹介:

日本の未来を支える若者を応援したいので「有料情報よりも価値がある情報を無料で提供する」事を目指しています。

ブログについて:

当ブログでは生活をするためには大切でも学校では教えもらえない事をメインに取り扱っています。
知識のみではなく価値観を見直す事のできるような情報を提供したいと考えています。

外部リンク

応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ