オーバーシュート | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

健康

オーバーシュート

投稿日:

オーバーシュートは予想を大きく超えた感染を意味します。

オーバーシュート(overshoot)は直訳すると的を外す事を意味します。
金融関係でも用いられる言葉ですが、ここでは感染症についての記事になります。

オーバーシュートは感染者が予想よりも大きく増加する際に用いられます。
時期的な要因によって感染者が大幅に増加した場合でも予想から大きく外れる事がなければそれはオーバーシュートとは言えません。

反対に感染者が数百人程度でも過去の感染者がいない(または極少数)場合は予想を上回る感染となるため、オーバーシュートと呼ばれます。

具体例

  1. 感染症が確認されます。
  2. 感染症の影響を予想します。
  3. 感染症の対策が十分に行われません。
  4. 感染症が予想を超えて増加します。

感染が確認された段階で感染症による影響は少ないと予想されます。
そのため、感染症への対策が不十分な状態が続いた結果、当初の予想を超える感染が広がり感染者が大幅に増加します。

このようにオーバーシュートは予想を超えた感染です。
そのため、毎年決まった時期に感染が拡大する病気については、例年と比べその年の患者数の推移で判断を行います。

例えばインフルエンザは毎年数千人規模の死亡者が出ているため、一定の被害が予想されています。
そのため例年と比較し、インフルエンザによる被害者が大幅に増加しない限りオーバーシュートとして扱われません。

まとめ

オーバーシュートは予想以上に感染が拡大してしまう現象ですが、その背景には感染を予想する段階で、感染症による流行の可能性を低く見積もってしまう事が主な原因となっています。

また、その他の要因としてスーパースプレッダーのような感染に対して特異な体質を持つ方がいる事で被害の拡大につながる可能性もあります。

いずれにしても、更なる感染拡大が起きないように対策する事は必須で、対策を怠るとさらに感染が広がり、パンデミックを引き起こす可能性があります。

そのため、オーバーシュートが確認された場合は、適切で早急な対応が求められます。

備考

アウトブレイクも感染拡大を意味します。
オーバーシュートとの違いは、感染症が確認されてからの動きです。

オーバーシュートは感染者が一定値を超えないという予想を前提とし、それを超え感染が拡大してしまう現象です。
つまりオーバーシュートは、予想が不十分なために起きる人災です。

アウトブレイクは感染爆発を抑制しているにも関わらず広がってしまうことです。
そのため、アウトブレイクは最善を尽くしていても起きてしまう不運な出来事となります。


金融関係の用語にもオーバーシュートがありますが、こちらは有価証券の乱高下が通常よりも大きく変動する際に用いられます。

関連記事

 アウトブレイク(感染爆発/感染症集団発生)
 スーパースプレッダー
 パンデミック

アドセンス

アドセンス

-健康

執筆者:

関連記事

睡眠サイクル

睡眠サイクルは睡眠時の浅い睡眠(レム睡眠)と深い睡眠(ノンレム睡眠)の繰り返しです。一般的には90分で1サイクルだと言われているため、1時間半、3時間、4時間半、6時間、7時間半の区切りで睡眠を終える …

書字障害(ディスグラフィア)

書字障害(ディスグラフィア)は字を書く事が困難な症状です。ディスグラフィア(dysgraphia)は発達障害(LD)の一種とされていますが、字を書く事が苦手な事以外は周囲と差がないため、知的レベルが劣 …

依存症

依存症は特定の物・行為・関係に対して過剰な執着を示す症状です。依存症は精神的な依存に留まらず身体的にも依存するようになるため、自分で感情や行動を制御できなくなってしまいます。特に物質への依存症の場合、 …

アルツハイマー病

アルツハイマー病は脳の機能が徐々に低下してく病気です。アルツハイマー病は認知症の一種で、脳の機能(特に記憶力や思考力)が徐々に低下してくのが特徴です。重度の方の中には日常生活に支障をきたす方もいます。 …

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)は睡眠中に呼吸が止まる事が原因となり、良質な睡眠の妨げとなる事で日常生活に支障がでる病気です。睡眠時無呼吸症候群は治療を受ける事で …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ