オペラント条件付け | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

オペラント条件付け

投稿日:2020年3月29日 更新日:

オペラント条件付けは、報酬と罰に適応して行動を行うように学習する事です。

オペラント行動の概念は大きく二分され

  • 報酬が与えれられれば報酬を目的に行動するようになります。
  • 罰を与えられれば罰を避けるために行動を抑制するようになります。

これが繰り返させれる事で自発的な行動を行うようになります。

特に幼少期のうちから目的のために行動できると将来に渡りその影響が大きくなります。

具体例

マシュマロ実験

目的のために自制心をコントロールする事ができる子供は、将来経済的に恵まれる可能性が高いという結果が出ています。
この結果はマシュマロ実験によるもので、幼少期に実験の被験者となった子供を追跡調査した結果、自制心の強かった子供は経済的に恵まれる可能性が高かったという結果がでています。

シェイピング法

オペラント条件付けを使った学習方法にシェイピング法というものがあります。
大きな最終目標を達成するために必要な小さな目標を多数設け、それをクリアするたびに報酬を与える事で、被験者が報酬を得るために行動するようになります。

学習無力感

学習無力感は罰を与えられる理由が不明な場合に起こります。
被験者が良いと行う事をしても、悪いと行う事をしても罰が与えられます。
被験者の努力で成果が変わらないという事を学習していき、その結果自身は無力である事を学習してしまいます。

まとめ

若ければ若いほど残りの人生は長いです。
そのため幼少期の教育は後に大きな影響を与えます。

学習無力感を与えられた方は、消極的な選択をしやすくなってしまいます。
消極的な選択は機会損失につながり、成長の可能性を奪ってしまいます。
そのため、若い人ほど多くの損失が発生してしまうため、幼少期の教育はとても大切です。

人が学習する際の要素は大きく分類すると二つあり

  • オペラント条件付け
     自分の意志で操作できる事
  • レスポンデント条件付け
     自分の意志で操作できない事

この二つに分類されます。

レスポンデント条件付けはパブロフの犬で知られるように反射についての研究です。

どちらも生涯にわたり重要な要素になってきます。

備考

オペラント条件付けは昔から子供の教育で考えられていたことですが、経験則によるもので科学的な裏付けはされていませんでした。
そこで1900年代前半にバラス・スキナーが動物実験を行い「スキナー箱」「オペラント箱」「オペラント実験箱」などの名称で周知されました。

関連記事

 学習無力感
 機会費用(機会コスト)

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

一貫性の法則(一貫性の原理)

一貫性の法則は、自分の行動や発言、態度など、最初から最後まで矛盾がない状態でありたいという心理傾向です。「一度始めれたら最後までやりたい」「途中で投げ出すのは良くない」などの心理です。誠実性や虚栄感、 …

ダニング=クルーガー効果

ダニング・クルーガー効果は能力が低い人ほど自己評価が高く、能力が高い人ほど自己評価が低くなってしまう現象です。ダニングクルーガー効果が起きてしまう原因はそれぞれの能力にあります。能力の低い人は自分が無 …

ABCDE理論(ABC理論)

ABCDE理論(ABC理論)は受け取り方で解釈が異なるとする考えです。ABCDE理論はA~Eの流れで物事を結論まで導くとする考え方です。A=Activating event(出来事・環境)B=Beli …

カリギュラ効果(心理的リアクタンス)

カリギュラ効果は禁止されている事に対しての興味や関心が強くなる効果です。禁止されている事を破りたくなった事は誰しもあると思います。普段だったらやらないような事でも禁止されると気になってしまうものです。 …

自己親密行動

自己親密行動は気持ちを落ち着かせるためにとる行動です。自己親密行動は不安や緊張、悩みを抱えている場合に現れる無意識の行動です。話している最中にこのような行動が不自然に現れたらそれはなにかしらの(会話の …

Google AdSense



line証券


アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ