オペラント条件付け | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

オペラント条件付け

投稿日:

オペラント条件付けは、報酬と罰に適応して行動を行うように学習する事です。

オペラント行動の概念は大きく二分され

  • 報酬が与えれられれば報酬を目的に行動するようになります。
  • 罰を与えられれば罰を避けるために行動を抑制するようになります。

これが繰り返させれる事で自発的な行動を行うようになります。

特に幼少期のうちから目的のために行動できると将来に渡りその影響が大きくなります。

具体例

マシュマロ実験

目的のために自制心をコントロールする事ができる子供は、将来経済的に恵まれる可能性が高いという結果が出ています。
この結果はマシュマロ実験によるもので、幼少期に実験の被験者となった子供を追跡調査した結果、自制心の強かった子供は経済的に恵まれる可能性が高かったという結果がでています。

シェイピング法

オペラント条件付けを使った学習方法にシェイピング法というものがあります。
大きな最終目標を達成するために必要な小さな目標を多数設け、それをクリアするたびに報酬を与える事で、被験者が報酬を得るために行動するようになります。

学習無力感

学習無力感は罰を与えられる理由が不明な場合に起こります。
被験者が良いと行う事をしても、悪いと行う事をしても罰が与えられます。
被験者の努力で成果が変わらないという事を学習していき、その結果自身は無力である事を学習してしまいます。

まとめ

若ければ若いほど残りの人生は長いです。
そのため幼少期の教育は後に大きな影響を与えます。

学習無力感を与えられた方は、消極的な選択をしやすくなってしまいます。
消極的な選択は機会損失につながり、成長の可能性を奪ってしまいます。
そのため、若い人ほど多くの損失が発生してしまうため、幼少期の教育はとても大切です。

人が学習する際の要素は大きく分類すると二つあり

  • オペラント条件付け
     自分の意志で操作できる事
  • レスポンデント条件付け
     自分の意志で操作できない事

この二つに分類されます。

レスポンデント条件付けはパブロフの犬で知られるように反射についての研究です。

どちらも生涯にわたり重要な要素になってきます。


備考

オペラント条件付けは昔から子供の教育で考えられていたことですが、経験則によるもので科学的な裏付けはされていませんでした。
そこで1900年代前半にバラス・スキナーが動物実験を行い「スキナー箱」「オペラント箱」「オペラント実験箱」などの名称で周知されました。

関連記事

 学習無力感
 機会費用(機会コスト)

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

サブリミナル効果

サブリミナル効果は認識できない刺激によって行動を誘導する効果です。サブリミナル効果で用いられる認識できない刺激は、サブリミナル刺激と言われ、意識や潜在意識よりも深い閾下知覚(いきかちかく)に刺激を与え …

スリーパー効果(仮眠効果)

スリーパー効果は発信源の情報が時間経過によって忘却される現象です。情報の内容の信頼性は情報の発信源の信頼性に比例します。しかし、「情報の内容」と「発信源の情報」では、「情報の内容」の方が記憶に残りやす …

保有効果(授かり効果)

保有効果は自分が所有しているものは価値が高いと思う心理です。特に保有している期間が長い場合は高い価値を感じて手放したくないという気持ちが強くなります。そのため、客観的に判断した価値との差が大きくなりま …

5秒ルール(5秒の法則)

5秒ルールはやる気を出す方法です。どうしてもやる気がでない方、三日坊主になってしまう方などに是非行っていただきたいです。やる気を出すためにやるべき事は、単純です。5秒数えたら行動に移すというルールを実 …

ジョハリの窓

ジョハリの窓はコミュニケーションの円滑に行うために提案されました。 一般的には自己開示が進むことで、対人関係が円滑に進むとされます。つまり、相手へ自分の趣味や性格、価値観や人間性を伝える事で、コミニュ …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援いただけると幸いです。


PVアクセスランキング にほんブログ村


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ