エンハンシング効果 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

エンハンシング効果

投稿日:2020年7月2日 更新日:

エンハンシング効果は賞賛されるとやる気がでる心理現象です。

人は承認欲求と言われる認めてもらいたい心理があり、賞賛されることでこの承認欲求が満たされモチベーションが上がります。
そして、その賞賛された経験から、再び賞賛されるために努力します。

特に繋がりが深い人や好意を寄せている人からの賞賛は大きな力となり、目的を達成するための励みにとなります。

また、周囲に人がいるような場面で褒めるとより効果が強くなります。
更に、共通の知人も褒めていたなどの第三者からの情報として賞賛する方法(ウィンザー効果)も有効です。

しかし、あまりにも賞賛が大きいと、裏があるのではと疑われたり、期待が重すぎて辛くなってしまうため、バランスが大切です。

具体例

テストで上位に入れたら10,000円あげるといわれ、努力して1位になり、約束通り、努力の原動力となった10,000円もらいます。

しかし、テストで1位になると友人からも褒められ、それが次のテストでも良い生成を納めるための原動力となります。

この時に注意する点があり、褒めるときに上位に入ったことではなく、それに向けて勉強をがんばった努力を誉める事です。

この違いは結果を褒めるのと、行動を褒める事の差にあります。

一定の努力をしたら一定の結果が得られるとは限りません。
結果を褒めていると、努力をしたのに結果を残せなかった時はなにもありません。

特に社会では努力が必ず報われるほど甘くはありません。
努力することはあたりまえで、その中で要点を絞って効率よく行えるかが大切です。
さらに言うと、いくら効率よく努力しても運が向いていなければ結果が出ない事も山ほどあります。

成功は全力で手を伸ばした1mm先にあるともいわれます。
この1mmは運だと思います。

そして、この1mmは努力しても近くなることはありません。
運が近づいてくるまで全力で手を伸ばし続け、運が回ってきたときにつかむ事が重要です。

まとめ

「ありがとう」と感謝される事は、缶ジュースを1缶もらうのと同程度の価値はがあると考えられています。
これは褒めるという行為は賞賛を受けた人にとっては報酬に値するとされるためです。

エンハミング効果は

  • 結果ではなく過程を褒める
    (結果がついてこなくても努力をしやすくなります)
  • 1対1ではなく、周囲に人がいる場面で褒める
  • ウィンザー効果を用いた、第三者からの賞賛を伝える
  • 気持ちがこもっている(声、行動、表情など)と感じると賞賛の価値が高く感じます。

これらの条件を満たす事でエンハミング効果の有効性が高くなるとされています。

備考

エンハンシンング効果の対義語はアンダーマイニング効果です。

備考

 承認欲求
 ウィンザー効果

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

5秒ルール(5秒の法則)

5秒ルールはやる気を出す方法です。どうしてもやる気がでない方、三日坊主になってしまう方などに是非行っていただきたいです。やる気を出すためにやるべき事は、単純です。5秒数えたら行動に移すというルールを実 …

茹でガエル現象(茹でガエルの法則/茹でガエル症候群)

茹(ゆ)でガエル現象は環境の変化に対応する事の危険性の例えで使われています。熱湯にカエルを入れるとカエルは逃げてしまいます。しかし、カエルを入れてから徐々に水温を上げていくと逃げるタイミングを失って、 …

透明性の錯覚

透明性の錯覚は、自分の内向的状態の情報伝達を過大評価する心理的傾向です。自分の考えや感情を他者が理解していると考える現象で、時には心を読まれていると感じることもあります。 透明性の錯覚が起こる理由 透 …

帰結主義(結果主義)

帰結主義は結果を重要視し、その結果から行動が正しいのかを判断します。基本的に何かを進めるには行動を行った後に結果が生まれます。帰結主義では結果を見る事で、その行動の有効性を判断します。そのため、帰結主 …

初頭効果

初頭効果は最初に与える影響が大きい現象です。最初に与えられる刺激に対しては感情的に受け止める事が多いです。最初は未知の部分がほとんどで、その未知の部分に対して予想を立てる事で、合理的な判断と異なった印 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援いただけると幸いです。


PVアクセスランキング にほんブログ村


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ