アヴェロンの野生児 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

雑学

アヴェロンの野生児

投稿日:2021年8月2日 更新日:

アヴェロンの野生児(ヴィクトール)は自然界で育った少年です。

アヴァロンの野生児と呼ばれる少年は1797年頃に南フランスで保護(捕獲当時11~12歳前後だと考えられています)されました。
少年(ヴィクトール)は、人間らしい教育を受けることなく育っている状態でした。

捕獲された当初は数か月もすれば人間らしい生活を送れるようになり、社会生活にもすぐに順応すると考えられていました。

しかし、長い間野生生活を送っていた少年(ヴィクトール)の感覚機能は人間とは感覚が異なっているようでした。

具体的には
 音楽には興味を示さないが、クルミを割るような音には敏感に反応するなどです。

また、思考力や記憶力などのIQ(アイキュー)に関する成績が良くなかったため、論理的思考(ロジカルシンキング)能力が未発達であるという判断が下されました。
この点については、先天的・後天的要因のどちらに起因するものであるのかの判断が難しいです。

少年(ヴィクトール)への教育

野生で育った少年をそのまま社会に戻すわけにはいかない(言語能力がないため意思疎通も困難な状態の上、触れようとする人に嚙みついたり引搔いたりしていました)ため、人間らしい生活を送るための教育を行いました。

教育を初めて3か月もすると、捕獲当時はほとんど機能していなかった感覚器官が回復(特に、触覚・味覚・嗅覚の3つについては改善がみられましたが、視覚と聴覚についての改善はみられませんでした)してきました。

また、言語能力はアルファベットを順番に並べる事が出来ような状態まで改善がみられました。

その後も教育を続ける事で、次第にアルファベットへの認知が進み、簡単な文章は理解できるようになりました。

5年間の教育の成果

感覚機能の回復については完全に回復する事はありませんでしたし、言語能力についても十分なレベルに達する事はできませんでした。
そのため、少年(ヴィクトール)の能力については先天的な要因によって社会生活に必要な能力の習得が不可能であるという判断が下されてしまい、教育は終わってしまいました。

そのため、その後は世話役とひっそりと暮らし、1828年に推定40歳で亡くなりました。
※死因は明かされていません。
※ヴィクトールは文法や構文を完全に理解する事は生涯できなかったようです。

まとめ

ヴィクトールについての見識には様々な意見があります。

しかし、少年が社会復帰できなかったのは先天的な要因によるものだという考えがある反面、先天的に能力が劣っていたら自然界で10年以上も生存できないという意見もあります。

そのため、人の成長には遺伝的な要因のみではなく、環境的な要因が大きな影響を与えているという推察があります。

そして、その影響は臨界期仮説との関連性が考えられ、アヴァロンの野生児(ヴィクトール)は臨界期を過ぎた状態で教育を受けたため、社会生活に適応する能力を身に着ける事が完全にはできなかったと考えられています。

臨界期仮説

人間は未完成(近類の哺乳類と比べ、人は未熟)な状態で生まれます。

例えば、
 馬などの子供は誕生して数時間で走る事ができるようになります。

これは人が文明社会に適応するためには、環境への適応能力が高くなければいけないためだと考えられています。
そのためには、様々な進化の可能性を残した成長途中の状態で生まれる必要があったと考えられます。

つまり、人は他の生物よりも伸びしろが多い状態で誕生し、社会生活に適応するために急成長します。

その反面、誕生した後に社会的な生活を送れずにある程度の年齢(12歳前後だと考えられています)まで育ってしまうと、異なる環境への適切な能力の成長を求められても、既に環境に適応するための方向性が定まってしまった状態では、新たな能力を身に着ける難易度が非常に高くなってしまいます。

備考

1797年に南フランスで確保され、アヴァロンで保護されていたため、アヴァロンの野生児といわれています。

関連記事

 IQ(アイキュー)
 論理的思考(ロジカルシンキング)


アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

パラドックス

パラドックスは論理的な矛盾が発生してしまうものです。パラドックスの特徴として、直感的には正しそうに思えますが、実際は正しそうに思えるだけで、それが正しいのかが疑問となるのがパラドックスになりますす。パ …

貧困(絶対的貧困と相対的貧困)

貧困には定義があり、絶対的貧困と相対的貧困に分類されます。絶対的貧困と相対的貧困ではその生活水準が大きく異なります。 絶対的貧困 人としての水準を維持する事が難しい(貧困線を下回る)状態相対的貧困 文 …

技術的特異点(シンギュラリティ)

技術的特異点(シンギュラリティ)は今までの技術を飛躍的に向上させる出来事の到来を指します。近年は技術的特異点(シンギュラリティ)だと考えられているのは自己学習を行える人工知能(人間のように自律的に学習 …

動物園仮設(保護区仮設)

動物園仮設は人類が高度な知的生命体によって、観察・保護されているという仮説です。宇宙は広く、私たちの他に知的生命体がいないのは不自然(フェルミのパラドックス)です。しかし、人類は未だに地球外の知的生命 …

バタフライ効果(バタフライエフェクト)

バタフライ効果は小さな変化が後々大きな変化をもたらす現象です。最初の小さな変化が時間経過共に大きな影響となる現象です。大きな現象を分析していくと小さな変化の積み重ねだとわかります。また、最初の些細な変 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ