おとり効果 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

おとり効果

投稿日:

おとり効果は選択肢の中に不適切な選択肢を入れて特定の選択肢を選ぶ可能性をあげる心理効果です。

おとり効果は主にマーケティングで用いられています。
そのため、商品の陳列の際にはこれを意識した陳列がされている事があります。
おとり効果は2つ甲乙つけがたい選択肢のみでは選択を延期してしまったり、決定しないと考えてしまうため、あえておとりを用意します。

具体例

おとり効果は2つの選択肢で迷っている場合、明らかに魅力的でない選択肢(おとり)を提示する事で、特定の選択をしやすくなります。

下表には携帯電話の商品A~Cがあり、販売価格は全て同じだとします。

商品名通信速度処理速度記憶容量カメラ
A☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
B☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
C☆☆☆☆☆☆☆

この表では商品AとBの性能に大きな差はないです。
そこで、商品A、Bよりも劣る商品Cを提示します。
しかし、総合評価で劣る商品Cですが、商品Bよりもカメラの性能は良いです。

この場合は商品Aを選択する可能性が高くなります。

まとめ

おとり効果は昔から商売で用いられてきました。
飲食店のメニュー表ではその多くは量が多くなるほどコストパフォーマンスが良くなます。
これは飲食店側が高いメニューを選択して欲しいためです。

料理は基本的に量が増えるよりも品数が増える方が手間がかかります。
そのため、量を増やし価格が上がればお店側にとっては利益を出しやすいです。

それでもメニュー表では一番量が少ない商品をメニューから外す事はありません。
これは基本的にほとんど販売される事はないですが、おとりとしての役割を持った重要な商品であるためです。

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

一貫性の法則(一貫性の原理)

一貫性の法則は、自分の行動や発言、態度など、最初から最後まで矛盾がない状態でありたいという心理傾向です。「一度始めれたら最後までやりたい」「途中で投げ出すのは良くない」などの心理です。誠実性や虚栄感、 …

単純接触効果(ザイアンスの法則)

単純接触効果は接触回数が増加するほど好感度が増加する現象です。最初は好感がなくても、接触回数(見たり聞いたり触れたり)が増加することで、その頻度に比例して好感が強くなり評価が高まっていきます。これは人 …

帰結主義(結果主義)

帰結主義は結果を重要視し、その結果から行動が正しいのかを判断します。基本的に何かを進めるには行動を行った後に結果が生まれます。帰結主義では結果を見る事で、その行動の有効性を判断します。そのため、帰結主 …

レミニセンス効果

レミニセンス効果は情報を記憶した直後よりも一定時間たってからのほうが記憶をよく思い出せる現象です。基本的に脳は短期記憶と長期記憶を分けて記憶します。 短期記憶 短期記憶は短時間(数秒~数分)の記憶とさ …

ダブルバインド

ダブルバインドは提示された選択肢のどちらを選んでも不利益になる状況です。避けにくい学校や家庭内、職場などで起こると悪質です。 特に未成年のような自立できない年の子にとって親は神様同然です。親の言う事は …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ