おとり効果 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

おとり効果

投稿日:

おとり効果は選択肢の中に不適切な選択肢を入れて特定の選択肢を選ぶ可能性をあげる心理効果です。

おとり効果は主にマーケティングで用いられています。
そのため、商品の陳列の際にはこれを意識した陳列がされている事があります。
おとり効果は2つ甲乙つけがたい選択肢のみでは選択を延期してしまったり、決定しないと考えてしまうため、あえておとりを用意します。

具体例

おとり効果は2つの選択肢で迷っている場合、明らかに魅力的でない選択肢(おとり)を提示する事で、特定の選択をしやすくなります。

下表には携帯電話の商品A~Cがあり、販売価格は全て同じだとします。

商品名通信速度処理速度記憶容量カメラ
A☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
B☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
C☆☆☆☆☆☆☆

この表では商品AとBの性能に大きな差はないです。
そこで、商品A、Bよりも劣る商品Cを提示します。
しかし、総合評価で劣る商品Cですが、商品Bよりもカメラの性能は良いです。

この場合は商品Aを選択する可能性が高くなります。

まとめ

おとり効果は昔から商売で用いられてきました。
飲食店のメニュー表ではその多くは量が多くなるほどコストパフォーマンスが良くなます。
これは飲食店側が高いメニューを選択して欲しいためです。

料理は基本的に量が増えるよりも品数が増える方が手間がかかります。
そのため、量を増やし価格が上がればお店側にとっては利益を出しやすいです。

それでもメニュー表では一番量が少ない商品をメニューから外す事はありません。
これは基本的にほとんど販売される事はないですが、おとりとしての役割を持った重要な商品であるためです。

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

保有効果(授かり効果)

保有効果は自分が所有しているものは価値が高いと思う心理です。特に保有している期間が長い場合は高い価値を感じて手放したくないという気持ちが強くなります。そのため、客観的に判断した価値との差が大きくなりま …

ロミオとジュリエット効果

ロミオとジュリエット効果は恋愛に障害がある事で、恋愛感情が強くなる効果です。ロミオとジュリエット効果はカリギュラ効果(禁止されると興味や関心が強くなる)の一種で、恋愛を禁止されたり、障害が多くなる事で …

ストックスピール

ストックスピールは会話で役に立つテクニックの一つで、信頼を得るための常套句を使う方法です。ストックスピールは他者からの信頼を得るのに効果的な方法で、自分の中で使いやすい会話の定型文をいくつかキープして …

スポットライト効果

スッポットライト効果は他者からの認識を過剰に考えてしまい、自身が注目されていると錯覚をしてしまう現象です。自身の見られている意識と、周囲から見られている意識の差が大きい現象です。スポットライト効果は集 …

パーソナルスペース(対人距離)

パーソナルスペースは自分と他者の物理的な距離感です。この距離感は相手をどこまで信用しているかで距離が異なるため、親密度が高ければ近く、親密度が低ければ遠くなります。自分が確保したい距離以上に踏み込まれ …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ