鬱病(うつびょう) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

健康

鬱病(うつびょう)

投稿日:2020年5月1日 更新日:

鬱病(うつびょう)は精神的に疲れていて、舞います思考になってしまう状態です。

鬱病になってしまう原因は主にストレスによるものが強く、将来に対する不安や、周囲からのプレッシャー、自分の能力以上の仕事量、ハラスメント、孤独などが考えられます。

このようなストレスを多く受ける事によって、機能障害が起きてきます。
機能障害が起き始めるとストレスレベルはとても高い状態となっています。

鬱病の発症率は3~7%とされていますが、近年増加傾向をたどっています。
ストレスは体にとって大きな負担であるため、うつ病になる方は多くの症状が発生します。

症状

  • 眠れない
  • 食欲不振
  • 気分が落ち込んでいて楽しめなくなる
  • 好きなものに興味を示さなくなる
  • 感情が希薄になる
  • 自己嫌悪に陥る
  • 孤独だと考えるようになる
  • なにもしたくなくなる
  • イライラしやすくなる
  • 思考能力が低下する

このように多くの症状があるため、個人でその対応方法が異なる事もありますが、その多くはストレスの原因を根絶する事で改善されます。
しかし、重症な方になってしまうと、原因となったストレスから離れても、悪循環から抜け出す事が難しい方もいます。

また、うつ病も症状ごとに多岐に渡り細分化されるため、症状が間隔をあけて定期的に起こるかたもいます。

治療方法

一般的にはストレスの原因を遠ざけ、安静に暮らす事が望ましいですが、ストレスの原因が会社にある場合はやめてしまうと、金銭的ストレスを抱えることで、ストレスの原因が異なるだけとなってしまう方もいます。

ストレス耐性は血液型で異なるとも言われますが、遺伝的要因や身体的要因あるようです。
病院へ行き正しい判断をあおぐことが治療への第一歩となります。
そのため一度受診を行っていただき、個人にあった対応を行っていただく事が望ましいです。

まとめ

鬱病はだれしもなる可能性のある病気です。
そのため、早期発見、早期対応が望ましいです。

しかし、精神科への受診は気持ち的に抵抗を感じる方が多いかもしません。
その用な場合は少し離れていても、知り合いがいない病院を選択する事も一つの方法です。

そして、もし自分の判断と大幅に異なるようでしたら、何件か病院を回り、先生と相性があう病院を選択する事も大切です。

また、自立医療制度などの患者をサポートする制度も存在するため、一度その条件を確認する事で、闘病生活への負担を軽減できることもあります。

アドセンス

アドセンス

-健康

執筆者:

関連記事

適応障害

適応障害は過度のストレスによって精神的・肉体的な障害がでる症状です。特定の状況や出来事によって過度のストレスを与えられる事で精神的・肉体的な障害が現れ適応障害となります。適応障害の一般的な定義としては …

スーパースプレッダー

スーパースプレッダーは感染症を通常の想定以上に感染させる恐れのある感染源です。一般的な感染源は3人程度までへの感染で収束する一方で、スーパースプレッダーは10人以上へ感染させる感染源と定義され、数十人 …

偽薬効果(プラシーボ効果/プラセボ効果)

偽薬効果は病気の症状に効果がないとされている物質での治癒効果です。心理的影響を強く受ける方では、薬の作用の30~40%は心理効果によってもたらされているといわれています。このため、治療法のない患者や、 …

強迫性障害(OCD)

強迫性障害(Obsessive Compulsive Disorder)は不安や恐怖、強いこだわりによって生活に支障がでる状態です。強迫性障害の人は不合理なイメージが脳内に浮かび、それを払拭しようと行 …

算数障害(ディスカリキュア)

算数障害(ディスカリキュア)は計算が苦手な症状です。ディスカリキュア(dyscalculia)は学習障害(LD)の一種で、数の理解や扱い、計算などが困難症状です。原因は特定されていませんが、人口の3~ …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援いただけると幸いです。


PVアクセスランキング にほんブログ村


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ